Copyright © Ver.0.9 Yuki Yokochi All Rights Reserved

ただの大学生が営業で初月から200万円の売上を作った話②

ただの大学生が営業で初月から200万円の売上を作った話② – 株式会社Ver.0.9(バーナイン)

ただの大学生が営業で初月から200万円の売上を作った話②

そもそも、ただの大学生がなんで営業をやったのか?

 

どうも!げんきちです!

 

よろしくお願いします!

 

今回はただの大学生の僕がなんで営業をはじめたのか?

 

というお話をします!

 

早速、答えになるのですが

 

僕が営業をはじめた理由は

 

営業ってなんかカッコ良さそう!!!

 

と、思ったからです笑

 

◆何もないところから、体一つで

 

魔法のように売り上げを生み出していく。

 

◆自分の提案1つで、人1人の人生をより良い方向に変えていくことができる。

 

◆自分の能力次第で、いくらでも収入をあげることが出来る

 

そんなところに強く憧れました、

 

もちろん、不誠実に営業に望めば

 

お客様を不幸にさせてしまうことになると思います。

 

でも、僕が憧れたのは

 

そういうカッコ悪い営業ではなくて

 

何もないところから売り上げを作り出し

 

なおかつ、お客様に心から感謝されている。

 

そんな営業マンでした!

 

そして、どうせ営業を学ぶなら

 

完全実力主義のベンチャー企業で力をつけたい!

 

と思ったので、知り合いのつてをフル活用して営業をやらせてくれる、十数社のベンチャー企業の話を聞きに行きました。

 

その中で、お、、?

 

ここでやりたい!と思える企業が見つかったので、これはもうやるしかない!

 

と思い、僕の営業マンとしての第一歩が歩みを進めました。

 

本日はここまでです!

 

次回では、ただの大学生が実際に

 

営業をやってみてどう思ったのか?

 

この辺りについて、お話ししていきたいと思います!

それでは、皆さん!

読んでいただきありがとうございました。

また、次回もよろしくお願い致します!