Copyright © Ver.0.9 Yuki Yokochi All Rights Reserved

知っていると便利!IT用語集

知っていると便利!IT用語集 – 株式会社Ver.0.9(バーナイン)

知っていると便利!IT用語集

こんにちは!CTOの横地です。

この記事では、Web制作に置いて知っているとスムーズなIT用語集について紹介していきます。

聞き慣れないT用語は、社内ではもちろんお客様とのやりとりでも頻出です。

今回はお客さん視点で使用頻度の高い用語についてのみ手短にまとめました。

ぜひ今後の参考にしてください。

◆アクセス管理(Access Management)

権限を持つ者のみがアクセスすることを実現する仕組みを言います。アクセス要求、検証、ID・権限の付与、監視、ログの取得・追跡というプロセスでユーザーを管理していくシステムです。

◆グーグルアナリティクス (Google Analytics)

PV数やSEOの強度などが評価できるアクセス解析ツールの一つ。多くの大規模webサイトに導入されていて、グーグルアカウント保持者であれば誰でも利用することができます。

◆アドビアナリティクス (Adobe Analytics)

こちらもアクセス解析ツール。Google Analyticsに比べて管理機能に優れており、他に複数アカウントを設定し閲覧や操作権限が振り分けられるという特徴があります。

◆オブジェクト(Object)

データと処理の集まり。英単語的には対象物や物という意味があります。

◆オンラインストレージ(Online Storage)

インターネット上でデータ保管用のストレージを提供するサービスのことです。Dropboxが有名ですね。

◆キャッシュ(Cache)

使用頻度の高いデータを高速な記憶装置に蓄えておくシステム。

◆クッキー(Cookie)

サイト訪問者のパソコンに訪問日時や回数などの簡単な情報を一時的に保存させるシステム。

◆クローリング(Crawling)

ロボット型検索エンジンで、プログラムがインターネット上のリンクを辿って、Webサイトを循環しページ上の情報を複製や保存する一連の流れを言います。

◆ドメイン(Domain)

広義的にはインターネット上にあるコンピュータやネットワークを識別するための名前のことを指しますが、こちらではよくhttps://から始まるサイトの住所のことを言います。

◆クロスドメイン(Cross Domain)

ドメインが2つ以上にまたがっている状態。例えばネット通販ではトップページと入力フォームが異なることがあったり、使用言語よってドメインが変化したりする場合があります。

◆コード(Code)

プログラミング言語で書かれた文字列。プログラムの設計書。Webデザインも実はこのコードを書くことでする場合がほとんどです。

◆ソースコード(Source Code)

コードと同じです。

◆コンバージョン(CV)

Webサイトを訪問した人が商品を購入したり、資料請求したりすること。

◆JavaScript

Web上で操作確認ができる世界有数の人気プログラミング言語。スマホアプリやサーバサイドの管理部分など、その使い道は多岐にわたります。

◆セッション(Session)

Webサイトにアクセスして行う一連の行動。

◆絶対パス(Absolute Path)

URLでページを指定して、最上位階層から目的がどこにあるかを示す方法。外部サイトへのリンクを自分のサイトに記載したい場合に使われ、時間的コストはかかるが誰がみてもどこに何があるかわかるという特徴を持つ。

◆相対パス(Relative Path)

今いる階層を基準として目的までの道順を示す方法。一般的なWebサイト開発に使われる、時間的コストはかからないが、どこに何があるかわかりにくいという特徴を持つ。

◆セキュリティーホール(Security Hole)

コンピュータシステム上の弱点。

◆ダッシュボード(Dashboard)

複数のデータを集め、概要を一覧表示する機能や画面、ソフトウェアなどを言います。

◆ディザスタリカバリ(Disaster Recovery)

被害を受けたシステムを復旧すること

◆データベース(Data Base)

一定の形式で整理された情報の集まり。

◆デバッグ(Debug)

プログラムをテストしてバグを発見し取り除くこと。

◆トークン(Token)

プログラミングではソースコードを解析する際の最小単位。ネットワーク制御では送信権を意味する特殊な信号やデータ。セキュリティではユーザー認証を行うための認識媒体を意味します。

◆ネスト(Nest)

コンピュータプログラムやデータ構造において、ある構造の内部に同じ構造が含まれる状態。入れ子と呼んだりもします。

◆バナー(Banner)

Webページに表示されるWebサイトの広告やリンクの画像。初めにイラレやXDなどを用いてこの画像を作成してから、プログラミング行為に以降します。

◆PHP

多くのWebサービスで利用されている世界有数の人気プログラミング言語で、Webサイトを部分的に改善したい時に使われます。シンプルで学習コストが低く、軽量なため様々な環境で使用できるという特徴を持つ。

◆ピクセル(Pixel)

画素。画素数が多いほど綿密で画像の質が高い。

◆フレームワーク(Framework)

土台として機能するソフトウェア。

◆プロパティ(Property)

あるファイルやデータなどのオブジェクトが持つ特性。

◆ポータルサイト(Portal Site)

インターネット上にあるコンテンツなどへの入り口となるWebサイト。Yahoo Japanなどが有名ですね。

◆ホスティング(Hosting)

通信事業者が保有するサーバーをネットワーク経由で顧客に貸し出すサービス。

◆マークアップ言語(Markup Language)

視覚表現や文章構造を記述するための言語で当社ではHTML,CSS,Sassなどを採用しています。

◆ライブラリ(Library)

プログラミング言語において、よく利用する関数や機能、データをまとめたファイルのことを言います。

◆Ruby 

読み書きがしやすく、海外で需要が多い人気言語。Webサービス、スマホアプリやゲーム、業務アプリを得意としていて、サーバーなどの汎用性が高い知識が身につくという特徴があります。

◆ローカルファイル(Local File)

自分のコンピュータの中にあるファイル。

◆CMS(Content Management System)

Webサイトを管理・更新するシステム。Wordpressなどが有名で当社でも構築を推奨しています。

◆HTML(Hyper Text Markup Language)

Webページを記述するためのマークアップ言語。Webページに装飾を施すのが目的で、人間に情報をわかりやすく伝えるという特徴があります。

◆HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)

HTTPが暗号化されている状態。

◆KPI(Key Performance Indicator)

重要業績評価指標。業務レベルにおける具体的な目標設定のことを指します

◆LP(Landing Page)

検索結果や広告などを経由して訪問者が最初にアクセスするページ。

いかがでしょうか。やはりIT用語は横文字や英数で表記される場合が多いですよね。

この場合、英語が得意な方は直訳すると大体どんな意味かは想像できますし、とても有利だと感じます。(私は英弱なので羨ましいです)

もっと深掘りしたい用語があればぜひご自身で調べていただくことをおすすめします。

参考:https://www.ex-ture.com